歯医者というのは痛い治療をして、歯を削るというイメージを持つかもしれませんが、それは以前のことになりつつあります。

今ではできるだけ痛くない治療をする歯医者も増えてきていますし、治療もできるだけ少なくすることで自分の歯を残すというのが一般的になっています。

三苫の歯科、ふじの歯科・小児歯科医院でも同じように歯を抜かないで、最小限の治療をしている歯医者です。

基本的に痛くない治療をすることを目標に、表面麻酔などを用いて痛みに配慮をした治療を行います。

治療もその患者さんによって希望が異なりますが、説明をした後に患者さんに希望の治療法を選んでもらっているというのも安心できる治療のポイントになりますね。

治療をして終わりにするのではなく、歯周病や予防歯科にも力を入れているので、定期的に歯医者に通い診察を受けることで虫歯にならない口の環境づくりをすることができます。

さらなる特徴として入れ歯の作成があります。

どこの歯医者で入れ歯を作っても同じ物ができあがるというわけではないのです。

噛むときの機能だけでなく、美しさの希望などがあるのですが、リクエストを聞いて入れ歯を作ってくれるというのもうれしいです。