子供の頃、いちどだけ虫歯にはなって歯医者さんに行ったことがあります。
口を開けていると、工事をするときのような音がし始めて、もう何が何だかわかりませんでした。
怖い!
隣の人を見ていると、本当に小さな工具が、口の中に入っていくのが見えてしまいました。
あの時の恐怖と言ったらほんとに。
私は、あの時のおかげで、もう二度と歯医者に来るものかと思い、虫歯にならないよう、毎日必死になって歯を磨きました。
その気持ちは、今も続いていて、私だけは虫歯にならないなんて勝手な気持ちがあります。
もちろん、今はフッ素塗布なんかもして、予防にも心がけていますがね。
その時の先生に比べ、八幡西区の歯医者さんではまずはモニタを見ながらしっかりと分かりやすい説明をしてくれます。
これだけ詳しく説明してくれたら、口の中の工事もそんなに怖くなかったはず。
今はどこでもそうなっているの?
あの時の恐怖を考えると、どうしてあの時の先生は何も教えてくれなかったんだろうと、いまだに思う時があります。
それにしても、今はほんとにすごい。
映像を見ながら自分の歯の状態が分かるんですからね。
やっぱり、歯医者に通うなら、現実をしっかりと捉えて、どのような治療をするのか教えてくれるところがいいですよね。